2011年04月12日

透明なバス?勤務時間を水増しし「ヤミ手当」

■概要

高槻市バスには、仕業票というものがあります。バス運転士の職員が、その日、どういうふうにバスを運行するのか、何時何分にどこを出発して、どこを通り、何時何分にどこに着くようにしなければならないか、そういう運行ルートと時刻が書かれているものです。それをよくよく見ると、おかしな時間・「謎の時間」があることに気付きました。

0040.jpg

例えば、平日の「SA13」という仕業。

0062.jpg

これによると、午前10時46分にJR高槻南に到着することに。しかし、その後、弁天駐車場での休憩時間が12時06分からになっている。この間の80分は、何なのか。



JR高槻南と弁天駐車場の間は、約500メートルしか離れていない。市バスの時刻表を見ると、所要時間は3分となっている。80分も必要はないはず。・・・このように、休憩時間前に、不明な時間が設定されているのが、謎の時間の第1のパターン。

0080.jpg

また、平日の「SA27」という仕業では、バスは、午前11時01分にJR高槻南に到着することになっている。けれども、その後、「弁天駐車場へ回送」「12.23高槻南へ回送」と記されているだけ。12時23分に弁天駐車場を発車してJR高槻南へ向かうのだとしても、11時01分から12時23分の82分間は、どこをどう回送してるのか。・・・・このように、無意味に長時間の回送時間が設定されているのが、謎の時間の第2のパターン。

0090.jpg

なぜこんな時間があるのか。80分もの間、いったい何をしているのか。

その謎を解き明かすために、議員インターンとして私のところに来てくれた大学生達と調査をしました。

80分間、バスを整備しているのか、掃除しているのか、待機しているのか・・・調査をする前にいろいろと仮説を立てました。「もしかすると、バスは、ノロノロと走ってるんちゃうか。でも、そんなノロノロ走っているバスは見たことがないなあ。まさか、透明なバスが走ってるとか?」というような冗談を言っていたので、「透明バス」と仮称することに。

市バスは、JR高槻から弁天駐車場まで、実際には、何分かかるのか。2地点にそれぞれビデオカメラを構えて、バスの出入りの時刻を記録したところ、一番速いバスで41秒、遅いバスでも2分とかかっていなかった。とても80分も必要とは考えられない。

また、この時間中、バスの運転手さん達が何をしているのかも大学生たちと調べました。すると、タバコを吸って、携帯電話をいじって、中には、外出したり、買い物に行ったりと、職員達は、まったくの休憩時間のように振る舞っていました。つまり、この「謎の時間」というのは、「ヤミ休憩時間」としか考えられないわけです。

このように、おかしな時間設定がされている箇所がいくつもありました。

こうやって、勤務時間を水増しして、無駄な給与を職員達に支払ってきたのです。これは組織ぐるみの詐欺か横領ではないのか。

現在、この「透明バス」問題については、住民訴訟で争っています。


▼関連動画

■高槻市バス「透明バス」問題1

■高槻市バス「透明バス」問題2

-
posted by 北岡たかひろ at 19:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 高槻市には透明なバスが走っている? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。